お知らせnews

現代文と私の関係。いやいや生徒さんとの・・・?

先日から、数学、数学と不倫相手(比喩です!比喩!)の話ばかりをしておりますが、そうして、日々、櫻井は、数学を思い出し、あまりにも初歩的とは言いながら、昨日は、ユークリッドの互除法などをマスターし、苦手なメネラウスなどもあれこれやっているわけで・・・。何気に数ⅠAの方が難しく感じてしまうのはなぜだろう・・・?
昔、高校の先輩で、めちゃくちゃ数学得意な先輩が、数Ⅱの方が、やり方決まってるから楽やで~!と言ってらしたが、確かに、数ⅡBと数Ⅲの方が楽なときがある・・・。

昨日など、二階でU先生が、一階で私が数学を教えていて、よく考えたら、この状態は何なんだ!と思ってしまったけれど・・・。私のアイデンティティどころかチェリーのアイデンティティも危なくたってきている・・・。国語のチェリー・・・?

などなど冗談を言っている場合ではなく・・・。

最近、生徒たちが、特に高校部の生徒たちが、国語を飛ばしている。
それも現代文・・・。

そうなんです・・・。
実は私は、大学での専門?は近世ですが、国語の教師としては、一番好きで得意なのは現代文評論。
小説も古文も漢文(そうか、漢文なんて漢文チャンネルまでやりだしたんだった!)も好きだけれど、古文のときは幾分しおらしくなり、女心などを語り、いやいや軍記ものなら、武士の論理を語ったりもするし、男性の随筆や歌論なら、また違うけれど、女流文学などでは、幾分女性的に語り、漢文では勇ましく、男性になった気分で漢文を語る・・・、けれど、私は、そりゃあ、評論だと気分が違う。思考力をフル回転させて、あれこれ例話を出してはあちこちの知識を紹介しながら、二項対立、あるいは、三段論法などと使って語るのである・・・。楽しい。正直楽しい、。

とは言え、あまり国語の授業に時間を割いていなくても、なぜか現代文は、上がる・・・、というのが最近の彼らの主張である。
現代文だけ偏差値の桁が違う・・・、とまで言っている、いやいや桁の使い方が間違ってるでしょ?

日々、私は彼らに問いかけるのである・・・。
私に起こったことや、教室での出来事を・・・。

どう思う?
これ、どうするべき?

大の大人からの質問に、彼らは真剣に答えなければいけないのである。
そこは感性も思考もフル回転。

それを彼らは、国語のシャワーと呼んでいる。
私の人間関係がフル出演。
後で聞かれたら、出演料よこせ!と言われたらどうしよう・・・?
いやいや悪口は言ってないって!

こういうことしてはいけない、とか、こうあるべきかな?でも、感情的にはなあ・・・、などと考えていただいている。

一時は、見ようによっては雑談に見えるような話をしなくなった。
そしたら、国語もほかの教科も伸びが悪くなったので、私は私のやり方に戻させていただいた・・・。
そしたら伸びること・・・。

ここは私のやり方で・・・。
だって、生徒たちが、「チェリーに来てるから・・・。」と言っているし・・・。(笑)

公開:2020/09/14 最終更新:2020/09/14
ページトップへ